通学路のいじめ調査を学校はしてくれません

通学路のいじめ調査という事を考えた時に、ご自身のお子様の身に何かが起きていると感じているのではないでしょうか?

 

もし同じ学校の生徒や児童からのいじめ被害を受けているという場合には、被害を受けている子の親としては、やはりとりあえずはそのことを学校に報告することを真っ先に考えると思います。

 

結論から言えば、そのこと自体は間違いではないと思います。

 

ただ、「学校に報告すること=担任の先生に報告すること」という等式は必ずしも成り立たないというところには注意が必要になります。

 

通学路の出来事を校に報告するというのは、担任の先生を通さずに、いきなり校長先生に相談を持ち掛けるようにすることが望ましいといえます。

 

担任の先生にも、もちろん教師としての能力が非常に高く、素晴らしい先生はいらっしゃいます。ただ、中には、生徒や児童の幸せや安全よりも、自分の学校内での評価のほうを優先してしまう先生もいらっしゃいます、残念ながら。

 

そうなってしまうと、そもそもいじめがあるという事実自体を捻じ曲げてしまう可能性もあります。

 

そういう先生の場合、保護者からの評価を高くするために、口では調子のいいことをいいながら、実際には校長に報告せずにもみ消してしまうようなリスクも想定しておいたほうがよいでしょう。

 

ですから、よほど信頼できる担任の先生でない限り通学路のいじめ調査などはしてくれません。そういうことにならないようにいきなり学校の校長に相談を持ち掛けるということをおすすめします。

 

ただし、実は校長先生の中にも、自分が好調のうちには学校の評価に傷をつけたくないと考える人もけっこう多いというのが実際のところです。

 

なので、そういった校長先生の場合には、いじめの事実を学校に報告すること自体がはじめから不可能になってしまう場合も起こり得ます。

 

そういった場合には、学校に頼ることができないわけですから、これはもうその学校の先生のレベルやいじめに対する意識レベルの低さを嘆く以外にないのか?という、やや絶望的な気分にさらされてしまうかもしれません。

 

というより、通学路の件を学校に報告したことで何らかの改善を期待しているにもかかわらず、何も改善されなかったことに失望しなければならないかもしれません。

 

そういうときには、まあ学校に報告するだけするのはかまいませんが、学校を頼るのではなく、儀式的なことであると割り切って、別の相談機関に相談するという考え方も実は近年多くなってきています。

 

通学路のいじめ調査での相談機関のひとつが、いわゆる探偵事務所ということになります。最近は、探偵事務所へのいじめの相談が増えているますので、学校の先生よりも頼れる場合が多いです。

通学路のいじめ調査を解決できるのは探偵です

通学路のいじめ調査は残念ながら学校の教師では行ってはくれません。こういう時に頼れるのが探偵なのです。

 

いじめが犯罪であるという認識が広まってきていますが、いじめが発生した際に、学校単位でも何らかの通学路の調査のようなことは行っているところが多いのではないでしょうか?

 

もちろん学校の調査のようなことでいじめが本質的な解決を見るなら、それに越したことはありませんが、実際のところ、やはり学校の先生は、いじめの問題を解決する能力がないケースが圧倒的に多いです。

 

学校の先生に限らず、どんな大人にも、厳密な意味でいじめを本質から解決できる能力は、今のところ備わっていないというのが実際のところであるといえるでしょう。

 

ただ、やはり学校という場所を考えたとき、少なくとも今までは学校の先生に頼らざるを得なかったというのが実際のところであり、責任問題ともなれば、学校が責任をとる以外なかったということでした。

 

しかしこれからの時代は、通学路いじめの調査は学校内だけで行うのではなく、第三者機関が何らかの形で介入して行われなければならない時代になっていくと考えるのが妥当です。

 

なにしろ、これまでいじめに端を発するあまりにも痛ましい事件が多発してきているわけですから、どこかにその解決の糸口を探さなければならず、これを学校だけにゆだねるというのは、本来であればそれが望ましいといえるわけですが、残念ながら厳しいと判断せざるを得ません。

 

たとえば、最近ではいわゆる探偵事務所などでも、通学路いじめの調査を極秘のうちに行うケースが多くなっています。通学路のいじめ調査は探偵でなければ完全に対策はできないのが現実です。

 

というのも、学校内でいじめを実行すれば、学校の先生に見つかってしまうというリスクが生じるため、子供たちは敢えて学校外でいじめを実行するというケースが増えてきています。これは、探偵がいじめ調査を行う上では非常に好都合なのです。

 

実際、このところいじめ関連の物騒な事件が頻発しているという状況を経て、探偵事務所にいじめの調査の依頼が徐々に増えてきているという傾向が顕著になっています。

 

かつてそんなことはまず考えられませんでしたが、やはり学校には任せておけないという保護者の強い思いが、探偵事務所への調査依頼という形で表面化しているといえるのではないでしょうか。

 

もちろん通学路の調査ともなれば、学校とちがって調査費用が発生することにはなりますが、ただ、調査に先立って、事前のカウンセリングのような形で無料相談を行うことができるという探偵事務所が多くなっています。

 

ですから、まずはそういったサービスを利用するという考え方でも悪くないかと思います。通学路のいじめ調査を考えた際にはまず探偵事務所に相談するのが解決への近道でしょう。

通学路のいじめ調査で問題解決へ向けて

通学路のいじめ調査でもしかしたら親として聞きたくなかった結果を知らされる場合も覚悟しておかなければなりません。

 

いじめは解決が難しい問題であるとされる理由はいろいろありますが、やはりその代表的な要因が、本質的な部分ということになると思われます。

 

子供の問題なのだから、解決など比較的容易なのではないかとする意見も未だ多いですが、最近では、通信機器の発達や、これに伴う通信手段の発達、情報網の発達など、ひと昔前に比べるといじめがはるかに巧妙化する傾向を示しているからです。

 

また、子供のことですから、通学路のいじめを見つけた子供が先生に報告すれば、先生はいじめているという報告を受けた子供を呼んで、何らかの話をすることになります。

 

しかし、いじめは今や「犯罪」であり、犯罪に関しては学校の先生も素人ですから、犯罪の追及を行うことはできないというケースがほとんどです。それゆえ、いくらいじめの報告があり、先生にまでその話が伝わったとしても、本質的な問題解決には至らないのです。

 

もうひとつ、最近の通学路いじめが発端となり巧妙とされる理由として挙げられるのが、たとえば、クラス全体がひとり、もしくはごく少人数をいじめるという形にいじめの首謀者がはめ込んでしまうことです。

 

場合によっては、その気はなくても学校の先生がその片棒を担いでしまう、あるいは担がされてしまうケースもあるくらいです。

 

そして、もしいじめを報告したことを学校に告げると、今度はその報告した人間もまたいじめに遭ってしまうという仕組みができあがっているということも、大きな問題になっています。

 

これらのことから、通学路いじめの本質的な問題解決の手段がどんどんと奪われていってしまうという状況になっていると推測されます。

 

特に通学路のいじめというのは学校側が把握しにくい事態ですので、担任が1人1人を見るというのは不可能なのです。

 

そうなってくると、やはり保護者が自分の子供を守る以外になかなか方法がないということになります。まずはいじめの兆候が見られたらすぐに行動を起こしたほうがよいといえます。

 

いじめの兆候というのは、だいたい以下のようになります。

 

口数が減った、学校に行きたがらない、学校の話をしたがらない、服が破られている、汚れて、もしくは汚されている、ケガをする機会が多くなる、大きなお金が必要になる、あるいは親の財布から抜き取られた形跡がある・・・

 

上記のような変化がお子さんに見られるケースでは、もしかしたら通学路などでいじめを受けている可能性も考えられます。

 

では、そういったときにどんな行動をとるべきかということになると、たいていが「通学路の出来事を学校の先生に相談する」という答えが返ってきますが、はっきり申し上げて、学校の先生はいじめのような「犯罪」にはまったくのド素人ですから、先生に相談したところで、これはムダであるといえるでしょう。

 

学校の先生に相談するくらいなら、むしろその道のプロである、探偵事務所などのほうがずっと有能であるといえます。

 

通学路のいじめ調査を行う事によって、愛するお子様の笑顔を取り戻して楽しい毎日を取り戻しましょう!