友達が遊びに来ないのはいじめられているから?

近年の教育現場における最大の問題は、やはり「いじめ」の問題ということになると思います。

 

おそらくこれについては異存はないでしょう。ただ、同じいじめの問題であっても、いじめ被害に遭っているお子さんの親御さんやその関係者にとって、現在起こっている事態に気づきやすいタイプのお子さんの様子と、そうでないタイプの様子とがあります。

 

もちろん、現在のいじめは陰湿化が顕著になっており、命に影響をもたらすリスクも含むだけに、どんなタイプのいじめであっても、もし自分のお子さんがその被害に遭っているとするならば、なんとか早期発見して事態を収拾したいというのが本当のところでしょう。

 

では、どういったタイプのお子さんの様子が、いじめ被害に遭っているということが親御さんに伝わりやすいかというと、元気なときの様子といじめ被害に遭ってからの様子とのギャップが大きいときです。

 

逆に、元々それほど元気なタイプではないお子さんの場合、いじめに遭ってもあまり変わらないことが多いと思われます。

 

一般的な問題の場合、そうした「問題に気づきにくいタイプ」をどうにかするということが重要視されますが、いじめの場合は必ずしもそうとも限りません。

 

気づきにくいタイプのお子さんのいじめ被害にも何らかの対応をしなければならないのは事実ですが、最近のニュースを見ていると、いじめの被害に遭っているというサインを出している(気づきやすい様子)にもかかわらず、残念ながら学校の先生をはじめとする大人がそのサインを黙殺してしまうというケースが多くなっているということに思い当たります。

 

そういった意味では、まずは、最低でも何らかのサインを出しているお子さんのいじめ被害だけは、何か対策を講じてあげたいという気持ちにもなりますし、大人として、そういうお子さんを救わないなんてありえないことと思えます。

 

たとえば、これまで元気に友達と遊んでいて、家にもよく友達が来ていたにもかかわらず、最近全然友達が遊びに来ないという状況に至っているというお子さんは、もしかしたらいじめに遭っているかもしれません。

 

あるいはいじめとまではいかないまでも、何らかの理由によって孤立してしまっている可能性が大きくなります。

 

ですから、比較的サインを読み取りやすい、元々元気だったお子さんの友達が遊びに来ないという状況が見られたときには、もうその時点で何らかの対処をしはじめてみてもよいかもしれません。